髪を痛めない白髪染め

髪を痛めない白髪染め > ヘアカラーでかぶれたことがある人はもう二度と使えないってホント?

ヘアカラーでかぶれたことがある人はもう二度と使えないってホント?

白髪染めはドラッグストアなどで購入できますし、お値段もお手頃なのでついつい使ってしまいがちですが、これが髪や頭皮を傷める原因になっています。

市販の白髪染めはヘアーカラーと同じ仕組みになっていて、1剤と2剤の2種類の薬剤を混ぜ合わせて使います。

1剤には白髪染めの色を出す成分が混合されている酸化染料と、キューティクルを開いて染料を浸透させやすくするアンモニアやモノエタノールアミンなどが配合されたアルカリ剤が入っています。

2剤は染料の発色を高めてくれる過酸化水素水で、この2つの薬剤を合わせた混合液を塗って白髪を染めていきます。

そして、これらの混合液に含まれる成分の作用によって、髪や頭皮がダメージを受けてしまうのです。

酸化染料にはジアミン系の成分がたくさん含まれていますが、この成分は強力な刺激を持っているので、髪はもちろん頭皮にまでダメージを与えてしまいます。

この影響によって炎症やかぶれが起きたり、頭皮の状態によってはただれてしまうなどの症状が起こります。

基本的には安全なのですが、それでも刺激が強いので痛みはほとんどの人に起こってしまうのです。

また、アルカリ剤はキューティクルを開くという働きはあるものの、開いたキューティクルを元に戻すという働きはありません。

つまり髪を染めている間だけではなく、染め終わった後もキューティクルが開きっぱなしになってしまうため、水分や栄養分が出て行ってしまって髪が乾燥してぱさついてしまいます。

最近は匂いの優しい白髪染めが人気ですが、こういった商品だと香料の刺激も加わるので市販の白髪染めは髪や頭皮を傷めてしまいます。



髪を痛めない白髪染め情報