髪を痛めない白髪染め

髪を痛めない白髪染め > 髪や頭皮を傷めることなく白髪染めはできないの?

髪や頭皮を傷めることなく白髪染めはできないの?

市販の白髪染めを使って、頭皮がぴりぴりしたり赤くかぶれたり、湿疹やかゆみ、痛みなどの症状が出た場合は、白髪染めに使われている化学物質にアレルギー反応を起こしているということです。

この状態になってしまうと、ずっと化学物質に反応してしまうので白髪染めは使えません。

また、アレルギー症状がなくても髪が傷んでぱさついているという方は、使い続けるとさらに髪が傷んで色が入らなくなってしまうので使用を中止した方がいいでしょう。

ただし全ての白髪染めができないということではありません。

市販の白髪染めは髪や頭皮を傷めるリスクが高いのですが、これはすべて化学物質によるものです。

つまり化学物質が入っていない無添加の白髪染めであれば、髪や頭皮を傷めることなく白髪を解消することが出来るということです。

市販されている一般的な白髪染めの染料成分はジアミン系の化学物質が使われていて、これがアレルギーやダメージを引き起こします。

ですが無添加の白髪染めの場合、染料成分はベニバナなど天然由来の植物から抽出した色素を使っています。

また、髪の毛から水分を奪ってしまう過酸化水素水、アレルゲンとなる人工香料などは使われていないのが一般的です。

とにかく負担やダメージとなる化学物質はいっさい使われていないので、髪や頭皮を傷めることなく白髪染めができます。

もちろんアレルギー反応を起こしたことがある方でも安心して使用することができますし、化学物質が入った白髪染めを使い続けることで起こる髪や頭皮のダメージも回避することができるので、白髪染めをしたい方は無添加商品をチェックしてみましょう。



髪を痛めない白髪染め情報