髪を痛めない白髪染め

髪を痛めない白髪染め > ヘアマニキュアの特徴やヘアカラーとの違いは何?

ヘアマニキュアの特徴やヘアカラーとの違いは何?

ヘアマニキュアというのは、名前から分かる通り爪に塗るマニキュアと同じで、髪の表面に色素を吸着させて色を付けるカラーリング方法になります。

外側にだけ色を付けるなんてホントにできるの?っと思うかもしれませんが、イオンを結合させて髪をコーティングする薬剤を使っているので、髪を傷めずカラーリングが出来るというのが特徴であり、ヘアマニキュアのメリットでもあります。

ただ、カラーリングと言っても本来は髪を保護するキューティクルを整えるために使われるコーティング剤に色素をいれたものなので、色持ちが良くないというデメリットもあります。

髪にしっかり色を付けたいのであれば、キューティクルを開いて色素を浸透させなくてはいけません。

その効果を持っているのがヘアカラーです。

ヘアマニキュアとヘアカラーを同じものと思っている方も多いようですが、ヘアカラーは表面ではなく内部から色を付けていきます。

ヘアカラーに含まれるアルカリ剤は、キューティクルを開かせる働きがあり、この働きによって配合されている染料成分が中まで浸透してしっかりと色を付けることが出来ます。

ヘアマニキュアは外側だけにしか色が付かないので、この点が大きな違いになります。

また、ヘアカラーは思い通りの髪色に変えられるように、ブリーチが配合されていることもあります。

ブリーチは髪の色素を抜く効果があるので、黒い髪でも茶色など違う色に変えることができます。

ヘアマニキュアにはブリーチは含まれていませんから、黒い髪だと発色が悪くく、はっきりと色を変えられないというのも違いになるでしょう。



髪を痛めない白髪染め情報