髪を痛めない白髪染め

髪を痛めない白髪染め > 頭皮や手に白髪染めが付いても大丈夫?

頭皮や手に白髪染めが付いても大丈夫?

白髪染めだけではなく、市販のヘアカラーというのは基本的に素手で触ってはいけません。

というのも、市販の白髪染めにはジアミン系の染料成分が使われているのですが、この化学物質は有害な化学物質を皮膚から吸収させてしまうのです。

皮膚から有害物質が吸収され蓄積することを経皮毒と言いますが、経皮毒はアレルギー症状やがん、肝機能障害などアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

もちろんちょっと触ったぐらいでアナフィラキシーショックになることはありませんが、白髪染めは定期的に行うものです。

また、染めれば染めるほど髪にダメージを与えるので、白髪染めを使う頻度はどんどん多くなっていくため、経皮毒が蓄積しやすくなります。

経皮毒は蓄積しても自覚症状がないため、少しずつ体が侵食されていって、ある日突然重篤な症状が発症してしまうこともあるので白髪染めは頭皮や髪に付けないようにしなくてはいけません。

そのうえ、化学物質は刺激が強いので、かゆみや赤み、炎症などのトラブルが起こりやすいので気をつけましょう。

ただし、こういった心配があるのは市販の白髪染めだけです。

今人気となっている無添加のトリートメントタイプの白髪染めは、素手で使っても何の問題もありません。

トリートメントタイプは白髪を染めることだけではなく、髪を傷みから守るという働きも持っているので、使われている成分のほとんどは天然由来の成分です。

化学物質が入っていたとしても、基本的に肌に害がないものですし、刺激も低いので頭皮や手についても大丈夫なのです。



髪を痛めない白髪染め情報